アメリカのサプリメントと日本のサプリメントの大きな違いとは?




こんにちは!

みなさん、サプリメントは飲んでいますか?
また、どこのサプリメントを選ぶか、こだわりはありますか?

特に『made in 〇〇』
どこの国のサプリがいいか。気になりますよね。

結論からいうと、アメリカのサプリメントはかなりオススメです。

昨年からアメリカの駐在生活が始まり、手に入る食材もどうしても偏ってしまうため、栄養補助としてサプリメント大国であるアメリカのサプリメントに興味が湧いてきました。

アメリカと日本のサプリメントを比べてみようと調べていくうちに、なるほど!知らなかった!!という違いをたくさん発見しました。

「日本製は何でも良い!」という自分の思い込みから、初めは「アメリカのものより日本のもののほうが体に優しくて、品質がよさそう」と思っていましたが、ところがどっこい!!それは違います!!

アメリカのサプリメントと日本のサプリメントは、何が違うのか。なぜアメリカのサプリメントの評価が高いのか比べていきたいと思います。

アメリカのサプリメントが10年先を行く理由

「アメリカには日本のような保険制度がない」

ということが最大の理由です。

私たち日本人は全員、国民の義務として健康保険に加入しています。ですから、ちょっと体調が悪くなったり、ケガをしても気軽るに病院に行き、健康保険証を見せれば、最良の治療をしてもらえ、医療費も3割ほどの負担で済みます。

渡米して実感した、本当にありがたい日本の制度です。

しかし、アメリカでは全員が国の健康保険に入る必要がありません。多くの人は、健康保険制度に加入していないため、病気になって病院に行くとなると、高額な医療費の全額を支払わなければならないのです。

私たち日本人のように、「とりあえでず、病院に行っとこう!」みたいな感覚はなく、アメリカでは病気を積極的に『予防すること』という考え方が主流です。ですから病気の予防のために成人の6割以上がサプリメントを愛用するほど、生活スタイルとして定着しています。

アメリカでは病気予防として生活の一部にサプリメントを積極的に取り入れるため、さまざまな種類と高品質で低価格なサプリメントが普及して世界的に最先端をいくことになったのです。

アメリカと日本のサプリメントの品質管理の違いは?

・日本 ⇒ 食品(あくまでも食品)
・米国 ⇒ 医薬品と食品の間(健康補助食品として食品や医薬品とは異なるカテゴリーにある)

これがまず大きな違いとなります。

アメリカではサプリメントには法律(ダイエタリー・サプリメント健康教育法)があり、製造メーカーは消費者が必要としているすべての情報を開示する義務があります。

また「GMP」とう厳しい品質基準が義務化されています。「GMP」はGood Manufacturing Practiceの略で「適正製造規範」という訳です。原料の受け入れ、製造、出荷までの全ての過程において、製品が「安全」に作られ「一定の品質」が保たれるように定められた規則なので、店頭に並んでいるサプリメントはこの厳しい基準をクリアしたものということです。

いっぽう、日本ではGMP基準は義務化されていません。全成分表記が義務化されていないため、何がどれだけ入っているのか分からないものがほとんど。ですから、メーカー次第の品質で、GMP認定されていないサプリメントも数多く販売されています。また、サプリメントの位置づけは、あくまでも「食品」として健康補助の目的で摂取するので、「サプリメント」としての明確な定義は必要ないため、品質や規格は製造メーカーによって違ってくるのです。

日本とアメリカのサプリメントの品質を比べる以前に管理体制に大きな差があったということになりますね。

法律がしっかりあって訴訟の国アメリカのサプリメントは、日本ではまだ義務化されていない、GMPという厳しい品質管理の基準をクリアした、信頼のおける製品ということ。また、サプリメントを選ぶ時には、この「GMP」のガイドラインを参考にするといいということです。

アメリカのサプリメントはなぜ高品質で世界的に評価が高いのか?

FDA(Food and Drug Administration)を知っていますか?

FDAとは、日本の厚生労働省にあたる政府機関で、サプリメントを含めた食品、医療品、化粧品について、有害、違反の取り締まりを行い、アメリカに出回る身近な商品の安全を守るところです。

アメリカのサプリが高品質で評価が高い理由に、この「FDA」が関係しています。

FDAは、全てのサプリメントメーカー・原材料メーカーに、FDAが設定したGMP(品質保証規範)を取得した工場での生産を「必須要件」としています。

つまり、市場に流通させるサプリメントはGMP取得工場で生産されてなければいけません。さらに全メーカーに対して「製品安全性」の保障する義務も負わせています。そのため、しっかりとした品質のもが市場に出回るのです。

このFDAの基準は「世界一厳しい!」ことで有名で、成分などアメリカ製サプリメントに対する承認審査を行い、安全試験を行い、DSHEA(アメリカ栄養補助食品健康教育法)に登録して初めてサプリメントに使えるようになります。

また、科学的根拠・安全性の確保とともに、FDAに申請することで新しい成分も使えるシステムがあり、完全に固定化されている日本よりもサプリメントのバラエティは豊富です。

次に、FDAは製造工場や販売メーカーに対し強い権限を持ち、アメリカのサプリメントは公的機関による「監視・検査」確率は非常に高いといわれています。

製造工場や販売メーカーへの抜き打ち検査、消費者のクレーム処理も行い、違反品があった場合は、製品の販売停止・業務停止を執行出来る権限もあります。

またFDAは非常にオープンで、多くの情報を開示しているとのことです。

何か調べたいことがある場合はFDAのウェブサイトで検索してみることをオススメします。

含有量の違いは?低価格の理由は?

アメリカのサプリメントは日本のものより低価格で含有量が高い

低価格の理由は、1977年に発表されたマクガバーンレポートにより、不足しがちな栄養を補うためのサプリメントに対して多くの需要があり、製造メーカーもサプリメントの種類も多くなっていきました。そして、競争が行われ市場の原理で、割高、粗悪なものは市場から消え、皆が買いやすい適正価格になり品質も高くなっていったのです。

含有量が高い理由は、サプリメントの摂取の目安の考え方の違い・成分表示の違いからです。

・日本⇒不健康にならない最低限の摂取量
・アメリカ⇒健康的で元気な生活が送れる摂取量

・米国⇒全成分表記が基本。入っている量も成分数も全て掲載
・日本⇒全成分表記が義務化なし(日本でも表記していこうという動きはある)

日本のサプリメントは原材料が何が入っているのかは表記されていますが、どの成分がどれだけ入っているのかはわからないものがほとんど。。

消費者の目線でいくと、アメリカのように、何がどれだけ入っているかがクリアなものが安心ですよね。

アメリカ市場に生き残る製品は、合理的で厳しいアメリカ消費者の目をクリアしたものです。アメリカのサプリメントは価格、品質面で市場競争に勝ち残った優秀な製品なのです。

結論 アメリカサプリメントは優秀です

以上のことから、積極的に健康になりたいなら、日々の食事に効果の高いアメリカのサプリメントをとることが合理的だという結論になりますね。(日本とアメリカのサプリメントを比べた場合)

もちろん、日本のサプリメントでも、大変優秀なメーカーも存在しています。

情報をうのみにしたり、人任せにせず、自分が得た情報から、自分のライフスタイルに合うサプリメントを選んでいくことです。

個人的な感想として、アメリカには「食育」というものはなく、献立や栄養バランスなどはあまり気にしていないようです。

その食生活を見ていると「ちゃんとした食事がとれないならサプリメントで補えばいいじゃないか」という考えからも、サプリメントが発達してきたように思います。

反して、日本では、「食育」という言葉があり日常の食事の栄養バランスを考えてよい食生活を送ることが大前提で、それでも補えない栄養をサプリメントから摂るという考えからのサプリメントの発達だと思います。

アメリカで生活しながら、日本のすばらしい食育を子供達に伝えていくこと、日々の食事を通してバランスのよい栄養を摂れることを大切にしながら、自分に不足してしまう栄養は高品質なサプリメントで栄養補助をしていこうと思います。

アメリカ駐在生活に向けて日本から持ち込める食材と持ち込めない食材は?!

2017.09.20

アメリカで買えるおいしい日本米をご紹介!!実は日本より安いって知ってましたか?!

2017.09.14

日本人女性はファッション業界に洗脳されている?!

2017.07.22




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。 2016年から夫のアメリカ転勤に伴い、アメリカの地で子育てしながら駐在妻生活を送っています。 「やってみないと気が済まない」 「好奇心旺盛・面白いこと大好き」 「人が好き」 「だからこそ、一人時間が大切」 「時に超慎重」 アメリカの生活で、妻として、二人の子供の母として、また日本人女性としてどうありたいか。 異国でのサバイバルな経験をこれから駐在妻として来られる方、また現在アメリカで駐在妻として生活している方、世界の駐在妻の方に楽しいことも、辛いことも、リアルな情報をお伝えしていきます! 異国にきたからこそ、強い意志をもって自分らしく生きなきゃ損です。 全てをすばらしい経験にするために。